HOME > JA木曽について > ご挨拶

ご挨拶

代表理事組合長 高橋 徳

  JA木曽のホームページへのアクセスを頂きありがとうございます。 木曽路は、長野県の南西部にあり島崎藤村の夜明け前の一小節に
「木曽路はすべて山の中である」と書かれているとおりの風光明媚な場所が多い山間地域です。
 木曽は、漆器・ヒノキ傘・赤カブ漬・お茶・すんき漬・木曽の五木で作る木工品など、山間地ならではの特産品があります。農産物は、美味しいそば、「御嶽はくさい」・インゲン・糖度たっぷりのトウモロコシ、花卉ではアルストメリア・トルコギキョウ・オリエンタルゆり等が盛んです。畜産では、県内有数の子牛生産地として「木曽牛」のブランド化を目指し、子牛の繁殖に取組んでいます。
 また、木曽川の源流の郷として、山林と水田の持つ多目的機能を発揮し中京地区の水瓶を担っています。
JA木曽では、四季折々の安全・安心な農畜産物を消費者に届けるよう日々努力しています。ぜひ一度お越しいただき、そして皆さんとの触れ合う機会をお待ちしています。
 JA木曽を取り巻く環境は厳しい状況でありますが、JAが未来にわたり組合員・利用者・地域社会に貢献していくため3年先、6年先を考え「農業とくらし、地域とともに歩み続けます」を長期構想のビジョンとしてかかげ、「農をつくる」「くらしをつくる」「JAをつくる」の分野に取組んでまいります。