« 2013年10月 | メイン | 2013年12月 »

2013年11月06日

来年度取り入れる水稲農薬

2013年11月

・斑点米カメムシ防除に「MR・ジョーカー粉剤DL」を追加
までは主にイネドロオイムシの防除に使用すすめていましたが、カメムシにも高い効果が期待されます。

・中・後期除草剤に「アトトリ1キロ粒剤」
―藉除草剤または初期、中期一発処理剤を散布しても残ってしまったオモダカ、クログワイなどを防除します。落水してから散布するのではなく湛水状態で散布します。
 (使用例) 6月中下旬(中干し10日前頃)の散布。
∋草の多い水田では、計画的に初期除草剤と組み合わせて使用することもできます。
 (使用例) 田植直後      ― ピラクロン剤(1キロ粒剤またはフロアブル)
        田植20〜25日後 ― アトトリ1キロ粒剤

アブラナ科野菜の害虫 ダイコンサルハムシ

2013年11月

体長4个らいの黒光りする成虫がダイコンやハクサイなどの葉を喰い荒し、網目のようにしてしまうことがよくあります。(ダイコンサルハムシは幼虫も食害します)
この虫はアブラナ科野菜を好んで食害し、被害が著しい場合は生育が遅れてしまいます。

防除方法
‥佻診戚瑤蓮屮皀好團薀鷽緲郎沺廚覆匹任后
畑の周りの雑草などに潜伏していて、野菜が育つ頃になると歩いて移動してくるそうです。その性質を利用して、野菜畑の周りを表面がツルツルして害虫が登れないようなシートで囲うと、野菜にたどり着けなくて被害を防ぐことができたという例があります。
A歃機で虫を吸引する、逆にブロワーのようなもので吹き飛ばす、といった方法もあります。

主なアブラナ科野菜
キャベツ ・カブ ・ダイコン ・カイワレダイコン ・ハクサイ ・ブロッコリー ・チンゲンサイ