HOME > 営農情報 > 営農メモ > 来年度取り入れる水稲農薬

営農情報

営農メモ

■2016年08月25日 来年度取り入れる水稲農薬 []

2013年11月

・斑点米カメムシ防除に「MR・ジョーカー粉剤DL」を追加
までは主にイネドロオイムシの防除に使用すすめていましたが、カメムシにも高い効果が期待されます。

・中・後期除草剤に「アトトリ1キロ粒剤」
―藉除草剤または初期、中期一発処理剤を散布しても残ってしまったオモダカ、クログワイなどを防除します。落水してから散布するのではなく湛水状態で散布します。
 (使用例) 6月中下旬(中干し10日前頃)の散布。
∋草の多い水田では、計画的に初期除草剤と組み合わせて使用することもできます。
 (使用例) 田植直後      ― ピラクロン剤(1キロ粒剤またはフロアブル)
        田植20〜25日後 ― アトトリ1キロ粒剤

<前の記事へ | 次の記事へ>