HOME > 営農情報 > 営農メモ > 家庭菜園アドバイス

営農情報

営農メモ

■2016年08月25日 家庭菜園アドバイス []

2014年4月
「野菜などの種まきまたは定植時に使用する殺虫剤」
「野菜の植え方」

野菜などの種まきまたは定植時に使用する殺虫剤
野菜や花を種まきしたり、定植する時に、粒状の殺虫剤を土に混ぜるなどすると、しばらくの間害虫を防ぐことができます。
しかし、使用できる作物が決まっていますのでラベルで確認してから使ってください。
(例)
「ダイアジノン粒剤3」と「ダイアジノン粒剤5」では使用可能な作物が異なります。
・ダイアジノン粒剤5はゴボウ、ニンジンに使えますが、ダイアジノン粒剤3はこれらに使えません。

野菜の植え方
・地温が上がってから植える
ナスやピーマンなどは地温が低いと根付 きません。早く植えない、黒マルチを張り期間を置いてから植えるなどしましょう。

・ポリマルチを張る前に土の水分を確認
ポリマルチの下は水分変化が少なくなるので適湿の状態で張る必要があります。土を手で握って指でつついたら崩れる程度のときにマルチを張ります。

・トマト苗
トマトは花の位置を通路側に向けると上段の実も通路側に成ります。

<前の記事へ | 次の記事へ>