HOME > 営農情報 > 営農メモ > 水田除草剤の使用

営農情報

営農メモ

■2016年08月25日 水田除草剤の使用 [初夏]

2014年5月

水田雑草・発生の特徴
水田のノビエは土壌中でも十年以上は発芽可能な状態にあると言われますので、ノビエが発生していない水田でも安心できません。
オモダカ、ウリカワなどは主に土壌中の塊茎等で越冬するので、地上部だけ枯れても今年発生してきます。

除草剤の効果を高めるために
^陲両態が許す限り早めの散布を行う。
丁寧な代かきを行い水田の水持ちを良くする。
除草剤が水田全体に広がるように十分な水深を確保する。モグラの穴などに注意し水が漏れないようにするとともに、散布後最低七日間は湛水状態を保つ。

水田雑草の除草剤に対する抵抗性について
最近、水田雑草に除草剤に対する抵抗性がついたため、除草剤が効きにくくなったのではないかという声があります。
問題になっているのは、一部の雑草に対してスルホニルウレア(SU)という系統の除草剤成分が効きにくくなっていることで、すべての除草剤と雑草に関してではありません。
JA木曽で取り扱っている水田除草剤の中には、このSU剤だけしか含まれていないような薬剤はありませんので、抵抗性に関してはほぼ問題ないと考えられます。
Ο水田の除草剤の効果は、『散布時期』と『水管理』でほぼ決まります。
Ο除草剤の散布時期は昨年秋に配布した、肥料・農薬等注文書の冊子に織り込まれています。(黄色用紙)

<前の記事へ | 次の記事へ>