« 2014年08月 | メイン | 2015年08月 »

2015年07月10日

家庭菜園アドバイス(スティックセニョール)

2015年7月

「スティックセニョール」は、株式会社サカタのタネの品種名です。
これは、茎を食べるブロッコリーで、種まきからでも栽培しやすく、家庭菜園でもおすすめです。
種まき後、90日くらいで頂花蕾が収穫でき、3〜4月まき、7〜8月まきができますが、特に春まきは虫害が出やすいので防虫ネットを利用します。育苗箱にスジまきして、本葉2枚くらいになったらポリポットに植えかえます。本葉5〜6枚くらいで畑に植付けます。

畑は植付け14日くらい前に堆肥、石灰類を散布後、深く耕しておき、植え付けの数日前に野菜用の肥料を施しておきます。水はけの良い畑を選ぶか、ウネを高めにして排水性を良くしておきます。
頂花蕾を収穫した後、1株に15本前後の細長い側花蕾が収穫できます。これが茎ブロッコリーの特徴で、アスパラガスのように軟らかい茎を食べることができます。
このように収穫を長く続けるためには、堆肥を十分入れて土作りをしておくとともに追肥をしながら収穫します。

出穂期前後の水稲管理

2015年7月

出穂を迎える1ヶ月前ころから、稲は穂のもとになるもの(幼穂)ができはじめます。ヒトが大人になってからは背が伸びないように、稲も幼穂形成が始まると体を大きくする(分げつを増やす)のではなく、穂の生長モードに切り替わり始めます(図 1 参照)。
‘酩地域で水田の水持ちが良く、十分な分げつが確保できていれば、おおむね6月下旬から7月はじめにかけて「中干し」を行い、無効分げつの抑制、根の健全化を促します。
⇒鎚羞狙期に栄養が不足していると穂が十分生長しないので、稲の状態を見て「穂肥」を施用します。穂肥をどの程度するべきかなどは技術者にご相談下さい。
出穂25日前頃から出穂期にかけては田の水は切らさないようにしてください。登熟期間(穂が実る時期)は間断かん水(ひたひた水)管理とします。

斑点米カメムシの防除
(敢泙鮖藩僂垢訃豺
 「スミバッサ粉剤20DL」または「MR.ジョーカー粉剤DL」を出穂10日後(多発水田はさらにその7日後)散布します。
▲ラップ粒剤は粉剤より早めの出穂期に散布します。
*より効果が高いのは粉剤散布です。

サツマイモ栽培のポイント

2015年6月

サツマイモは、あまり肥料を使わず栽培も容易で繊維質、ビタミン類も豊富なため、食糧難時代には救荒作物として利用されました。
.船奪讐畭燭呂弔襪椶韻靴瞳塒佞世曳北个靴討靴泙Δ里如¬邵擇鮑遒辰討た畑などでは無肥料でもかまいません。過繁茂になるとイモへのデンプンの転流が少なくなり太りが悪く水っぽいイモになります。
∩瓩匹蝓多収を狙う場合はポリマルチを使います。
I當未麓个瓩某△┐泙后I弔短いとき、畑が乾燥しているようなときは水平に植えます(図〇仮函法
ね佞凌Г薄いようなら追肥を少量行ってもよいですが、つるぼけさせないように注意が必要です。
ゥぅ發魴,辰浸、穴があけられている被害は「ハリガネムシ」(コメツキムシの幼虫)によるものです。
ジャガイモなどにも被害が出るので、来年もこれらを作付する予定であるなら他の野菜の作付けを計画した方がよいと思います。

水稲後期除草剤の種類と使い方

2015年6月

後期除草剤は初期、中期除草剤を使用しても雑草が残ってしまった場合に散布しますが、その特徴を理解して使用方法等を誤らないようにして下さい。
.劵─▲曠織襯ぁ▲モダカなど多くの種類の雑草が残ってしまった場合
 ⇒「フォローアップ1キロ粒剤」(ノビエは5葉期まで)
特にオモダカが多い場合
 ⇒「アトトリ1キロ粒剤」
※,鉢△話洪緇態で散布します。
ヒエ以外の雑草(オモダカ、ホタルイなど)が残ってしまった場合
 ⇒「グラスジンMナトリウム粒剤」、「バサグラン粒剤」
※局部的に散布しても効果があります。
※この2剤は落水後散布し最低3日間は入水してはいけません。
 ⇒「粒状水MCP」(湛水状態で散布します)
ね効分げつが発生している早い時期には散布しない方が良い除草剤(有効部げつ確保後の散布)
 ⇒「グラスジンMナトリウム粒剤」、「粒状水中MCP」

家庭菜園アドバイス(えだまめ)

2015年5月

えだまめは本来、大豆の性質を持っているので、晩生の品種を早く(4、5月)播くと結実が悪く収穫できません。
5月中旬までに播くようなら早生種を使います。逆に早生種を遅まきするとサヤが小さくなったりします。
 ‖臚Δ汎瑛諭▲船奪修多いと過繁茂になり結実が悪くなります。
 ▲櫂奪箸貿鼎い動椰△垢襪叛鍵蕕揃うとともに、花も揃って咲きやすくなります。
 アブラムシがつくのでムシコンマルチを使うかアドマイヤー1粒剤などの殺虫剤で防除します。
 ぅメムシの被害も受けるので防虫ネットで囲うかスミチオン乳剤などで防除します。
 ゥ泪襯舛靴覆ぞ豺腓蓮∨寨妝核膾△伐屬咲き始めたころ土寄せをします。
※えだまめには黒豆、茶豆などいろいろな品種がありますので、それぞれ楽しんでみてはいかがでしょうか。

当面の水稲管理

2015年5月

水稲の生育を左右する水管理(分げつを確保する水管理)
・穂をつける茎数は田植え後30〜40日間でほぼ決まります。早めの分げつは大きな穂になりますが、遅れて出る分げつは無効分げつになるか小さな穂しかつきません。
・分げつを促進させる水管理
‥朕△直後、早く活着させるために水は切らせません。
⇒想的には「昼間・浅水、夜間・深水」が稲の生育に適した水管理です。夜間に水を切らすと生育が遅れます。
できるだけ短時間に多量の水をかん水することが望ましい。(少しずつ長時間のかん水は水口の生育遅延を招く)

除草剤の効果を確実にするために
〇局杙期を守る
 昨年配布した肥料・農薬注文書(冊子)にある雑草防除基準表を参考にして下さい。散布しようとする除
草剤が、初期剤なのか初中期一発剤なのかなど、薬剤による散布時期を確認して下さい。
⊇草剤は散布後、成分が水に溶けて拡散し、水田の土壌表面に皮膜を作って雑草を抑えるようになる のに約7日かかります。最低7日間は水位を下げないように水管理が必要です。

一キロ粒剤の散布
/綸弔魄貅しただけで散布しようとするのは難しいので、散布器具のシャッターを絞って2週するくらいするようにします。
∋局曚靴笋垢ご鏘颪箸靴討魯哀蝓璽鵐轡礇肇覘兇里茲Δ覆發里あります。