HOME > 営農情報 > 営農メモ > 家庭菜園アドバイス(えだまめ)

営農情報

営農メモ

■2016年08月25日 家庭菜園アドバイス(えだまめ) [初夏]

%C5%DA%B4%F3%A4%BB.jpg
*土寄せ*

2015年5月

えだまめは本来、大豆の性質を持っているので、晩生の品種を早く(4、5月)播くと結実が悪く収穫できません。
5月中旬までに播くようなら早生種を使います。逆に早生種を遅まきするとサヤが小さくなったりします。
 ‖臚Δ汎瑛諭▲船奪修多いと過繁茂になり結実が悪くなります。
 ▲櫂奪箸貿鼎い動椰△垢襪叛鍵蕕揃うとともに、花も揃って咲きやすくなります。
 アブラムシがつくのでムシコンマルチを使うかアドマイヤー1粒剤などの殺虫剤で防除します。
 ぅメムシの被害も受けるので防虫ネットで囲うかスミチオン乳剤などで防除します。
 ゥ泪襯舛靴覆ぞ豺腓蓮∨寨妝核膾△伐屬咲き始めたころ土寄せをします。
※えだまめには黒豆、茶豆などいろいろな品種がありますので、それぞれ楽しんでみてはいかがでしょうか。

<前の記事へ | 次の記事へ>