HOME > 営農情報 > 営農メモ > 家庭菜園アドバイス(スティックセニョール)

営農情報

営農メモ

■2016年08月25日 家庭菜園アドバイス(スティックセニョール) []

%A5%D6%A5%ED%A5%C3%A5%B3%A5%EA%A1%BC.jpg
茎ブロッコリー
%A5%D6%A5%ED%A5%C3%A5%B3%A5%EA%A1%BC%BA%CF%C7%DD%CE%F2.jpg
スティックセニョール

2015年7月

「スティックセニョール」は、株式会社サカタのタネの品種名です。
これは、茎を食べるブロッコリーで、種まきからでも栽培しやすく、家庭菜園でもおすすめです。
種まき後、90日くらいで頂花蕾が収穫でき、3〜4月まき、7〜8月まきができますが、特に春まきは虫害が出やすいので防虫ネットを利用します。育苗箱にスジまきして、本葉2枚くらいになったらポリポットに植えかえます。本葉5〜6枚くらいで畑に植付けます。

畑は植付け14日くらい前に堆肥、石灰類を散布後、深く耕しておき、植え付けの数日前に野菜用の肥料を施しておきます。水はけの良い畑を選ぶか、ウネを高めにして排水性を良くしておきます。
頂花蕾を収穫した後、1株に15本前後の細長い側花蕾が収穫できます。これが茎ブロッコリーの特徴で、アスパラガスのように軟らかい茎を食べることができます。
このように収穫を長く続けるためには、堆肥を十分入れて土作りをしておくとともに追肥をしながら収穫します。

<前の記事へ | 次の記事へ>