HOME > 営農情報 > 営農メモ > 水稲の夏の管理について

営農情報

営農メモ

■2016年08月25日 水稲の夏の管理について []

2016年7月

【出穂期までの水管理】
 幼穂形成期から出穂期までは稲に最も水が必要な時期になるので、7月中旬から8月上中旬まで水を切らさないように管理します。
 6月下旬から7月上旬に強い中干しをした場合は、中干し後の5日間くらいは間断かん水(注)とします。
*(注)間断かん水・・・水田に水がなくなったらかん水を行う方法


【出穂後の水管理】
 出穂後は根の老化を防ぐため、間断かん水とします。


【斑点米カメムシの防除】
〃揚覆料雋△
 出穂前から水田に飛来するので、出穂間際に草刈をするのではなく、普段から草刈を励行しておく必要があります。畦畔の草刈は出穂2週間くらい前までに終わらせておきます。

¬剤防除
 散布薬剤として「スミバッサ粉剤20DL」「MR.ジョーカー粉剤DL」があります。
 散布時期は出穂10日後が成虫、幼虫を同時に防除できるので効果的と考えられます。発生の多い地域ではさらにその7日から10日後に追加散布します。

<前の記事へ | 次の記事へ>