HOME > 営農情報 > 営農メモ > 稲刈りの目安・わらの腐植促進について

営農情報

営農メモ

■2016年09月29日 稲刈りの目安・わらの腐植促進について []

2016年9月

【稲刈の一般的な目安】
○早生品種(あきたこまち、ゆめしなの等)  出穂後 35〜40日

○中生品種(コシヒカリ等)            出穂後 40〜45日
※出穂期以降の天候により、生育が早くなったり遅くなったりします。
  水田を見て判断してください。


【わらの腐植促進について】
 稲刈後、わらをすきこむ場合は、次の資材を使用することにより、腐植を促進し春先の浮わらを少なくすることができます。

○わらゴールド ・・・使用量 30kg/10a
 稲刈後できるだけ早く散布し、すきこむ。
 ただし、農薬や石灰チッソとの併用は避けてください。

○ワラクサール・・・使用量 20kg/10a
 わらがぬれている(降雨後または朝露のある)時に散布し、すきこむ。

○石灰チッソ・・・使用量 20kg/10a
 わらが分解される時に土の中のチッソが使われるため、チッソ分を補う目的もあります。
 肥えた水田では、チッソ成分を減らした方がよいです。

<前の記事へ | 次の記事へ>