HOME > 営農情報 > 営農メモ > 家庭菜園アドバイス:タマネギの栽培

営農情報

営農メモ

■2016年11月18日 家庭菜園アドバイス:タマネギの栽培 []

http://www.ja-kiso.iijan.or.jp/info/memo/upload/2016/11/18/img443-thumb.jpg

タマネギの植え方
(クリックで拡大表示)

2016年10月

【栽培に適した畑の条件】
pHは6〜6.5 酸性土壌は苦土石灰などを散布します。
∀∈遒靴討眛辰北簑蠅△蠅泙擦鵑、前年のくず玉などは畑の外に出しておきましょう。
根は浅いところに多く分布し好気性なので、水はけの良い畑を選びます。


【施 肥】
〆を良く張らせるためには十分なリン酸が必要です。野菜用の元肥のほかにリン酸肥料を施用します。
堆肥は完熟したものを使いましょう。未熟な堆肥を施用するとタネバエの被害を受けることがあります。


【苗の植え付け】
ー分で種まきした方は、50〜60日育苗した苗を植え付けます。
苗は根を切らないよう丁寧に扱い、水20箸紡个群瓮螢鷸誓亞ァ焚畧弌砲50〜70塚呂した液に苗を漬けてから植えると根付きが良くなります。
タネバエを防ぐには植え付け時に「ダイアジノン粒剤5」を使用します。


【抽だい(とう立ち)】
2〜3%くらいはとう立ちしたほうが収量はあるようです。
△箸ξちは大苗になりすぎると低温に感応して花芽が付いた結果、春になって発生するものです。


【腐敗を防ぐ】
…蛭郢期が遅くなると玉の太りにも効果がないばかりか、腐敗しやすくなります。3月中には追肥を終わらせます。
貯蔵中の腐敗は生育中の病気が原因であることがあります。収穫のときには気づかないことが多いようです。(灰色腐敗病)

<前の記事へ | 次の記事へ>