HOME > 営農情報 > 営農メモ > 家庭菜園アドバイス: 被覆資材・マルチの特性について

営農情報

営農メモ

■2018年01月10日 家庭菜園アドバイス: 被覆資材・マルチの特性について []

http://www.ja-kiso.iijan.or.jp/info/memo/upload/2017/12/22/maruti-thumb.jpg

マルチの効果
(クリックで拡大表示)

2017年12月

被覆資材には、大きく分けて〆酳の外側を覆うものと∈酳の株元(土壌表面)を覆うものの2つがあります。
,蓮害虫や野鳥の食害からの保護、遮光、保温などを目的とし、△六草の抑制、病害虫の予防、乾燥予防、急激な地温上昇の抑制などを目的として利用されます。
そこで用途別に,鯣鑛せ餾燹↓△鬟泪襯舛閥菠し、その種類と特徴について紹介します。


■ 被覆資材
イ)不織布・・・保温効果、霜よけ効果。透光性が高い。軽く扱いやすい。


ロ)寒冷紗・・・遮光、防寒、防虫効果。目の細かい方が防寒効果は高いが、通風、透光性が悪くな
る。不織布より防寒効果は低い。


ハ)保温シート類による違い
a.ビニール・・・保温効果が高い。
b.農PO・・・・軽く、耐用年数がビニールより長い。
c.農酢ビ・・・・光線透過は優れるが、保温性がビニール、農POより劣る。
d.農ポリ・・・・軽く、薄い。霜に対しての効果はほとんどない。


■マルチ
イ)マルチの役割
(櫺后κ歇勝
∋草を抑える 
Eイ呂曜瓢漾
づ擇固くなるのを防ぐ 
ヅ擇領出を防ぐ 
θ醂繊ν槓の流出を防ぐ


ロ)マルチの種類と特性(JA木曽注文書に記載のあるもの)
a.黒マルチ・・・・・地温を上昇させる。雑草の発生を抑える。
b.銀黒マルチ・・・・地温上昇抑制。アブラムシ等から作物を守る。
c.ムシコンマルチ・・アブラムシ避け効果。
d.白黒マルチ・・・・地温抑制効果。


ハ)地温を上げる効果

<前の記事へ | 次の記事へ>