HOME > 新着情報 > 2010年12月

新着情報 [2010年12月]の記事一覧

12月14日(火)県中央家畜市場(木曽町福島)は定例12月市場を開いた。今年最後の競りで、子牛など約500頭が出場した。
販売実績の状況は、子牛総平均価格が445頭43万8千円で前回10月価格を2千円ほど上回った。
(「詳しく見る」ボタン、またはブログの題名をクリックすると、写真と記事の続き、共進会の結果が表示されます。)

詳しく見る

12月7日(火)木曽優良子牛生産パワーアップ協議会はキリンビール長野支社と共催、「木曽牛とビールのおいしいコラボ」と題した試食会を、木曽福島旅館組合や木曽町飲食店など関係者40名が集まり「山みず季つたや」(JR木曽福島駅前)で開いた。
木曽地域の旅館など「おもてなしメニュー」としての利用を提案し、出席した皆さんが意見交換をした。
木曽牛ブランド肉の需要と供給や価格設定などまだ課題が残る。

12月3日(金)花卉生産部会(大家正部会長)は反省検討会を駒王で開き、生産販売の経過報告や市場情勢の報告を行った。また今年の課題を検討協議した。

部会反省会

1月30日(火)木曽地方事務所農政課とJA木曽畜産課などでつくる「木曽優良子牛生産パワーアップ協議会(林司農夫会長)」は、県木曽勤労者福祉センターホール(上松町)に畜産農家など80名が参加して「木曽牛優良生産研修会」を開いた。
研修はET(受精卵移植)和牛の繁殖技術などを獣医師山本広憲氏、産地づくりとブランド化を畜産技術士中丸輝彦氏が講演を行った。

JA共済小・中学生交通安全ポスターコンクール”の「学校賞《長野県教育委員会賞》」を受賞した木曽町立福島中学校へ表彰伝達を行った。11月25日小幡組合長と共済課は学校を訪問して、表彰盾などを校長岡田政晴先生に贈呈した。
 
表彰伝達

詳しく見る

新着情報

最近のエントリー
今年最後の市場を開き、前年・前回総平均価格を上回る(12月14日)
木曽牛ブランドを地域飲食店などへ発信する(12月7日)
花卉部会は反省検討会で生産販売を振りかえる(12月3日)
和牛生産農家が集まり繁殖技術などの研修を行う(11月30日)
小・中学生交通安全ポスターコンクール表彰伝達(11月25日)
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得