HOME > 新着情報 > 8月定例県中央家畜市場開催(8月4日)

新着情報

2011年09月05日

8月定例県中央家畜市場開催(8月4日) [ニュース]

〜心配された放射性風評被害なく、高値販売なる〜
8月4日(木)JA全農長野・県中央家畜市場は8月定例市場を開いた。
開会あいさつで雫田木曽地方事務所農政課長は、放射性物質被害牛はないが県産肉牛食肉処理の際、全頭検査を行うことを明らかにした。
(「詳しく見る」ボタン、またはブログの題名をクリックすると、記事の続きと写真、共進会の結果が表示されます。)

写真01 写真02
写真03 写真04
 
8月市場全体では子牛300頭総平均価格37万7千円で、前回6月総平均価格を6千円弱下回り小幅安値に止まった。JA管内の価格は次のとおり。雌平均価格は48頭33万3千円で前回価格を大幅に2万4千弱下回った。逆に去勢平均価格は67頭42万6千円と大きく2万6千円の高値、郡内平均価格も1万円強の高値となった。
今市場では放射性物質汚染の風評被害が危惧されたが、県内畜産農家全戸検査の結果、安全性が確認され安心して購買していただいた。


=8月家畜市場子牛共進会・結果=
市場セリ前に行われた子牛共進会の結果は次のとおりです。
*去勢最優秀賞:山田興平さん(南木曽町)
*去勢優秀賞:浜島宏夫さん(飯田市)/藤原和弘さん(木祖村)/大久保喜代文さん (木曽町日義)
*雌最優秀賞:奥牧春樹さん(木曽町三岳)
*雌優秀賞:該当者なし


受賞おめでとうございます。

新着情報

最近のエントリー
御嶽はくさい圃場巡回で農家を激励(2016年8月1〜2日)
中央家畜市場定例8月市開催(2016年8月4日)
JA共済アンパンマンマンこどもくらぶ夏まつり開催(2016年8月3日)
信州食育発信3つの星レストランに道の駅大桑の「グルメリアきらく」が登録(2016年7月28日)
木祖村花・花木栽培勉強会(2016年7月26日)
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得