HOME > 新着情報 > 『全国和牛能力共進会』の県代表牛、木曽地区から選出(7月23日)

新着情報

2012年07月31日

『全国和牛能力共進会』の県代表牛、木曽地区から選出(7月23日) [ニュース]

7月23日(月)、木曽町にある長野県中央家畜市場において、10月に開催される『第10回全国和牛能力共進会』の長野県最終予選が、JA全農長野と長野県の主催で行われました。全共は「和牛のオリンピック」と言われ、5年に一度開催。高い評価が得られれば、県産牛の知名度向上と有利販売につながります。
今回は長野県基幹種雄牛「栄寿」号産子の種牛と肥育牛が出品されます。県代表4頭の内、木曽からは種牛の部門で井領稔さん(上松町)の牛が選抜されました。
写真1 写真2

新着情報

最近のエントリー
御嶽はくさい圃場巡回で農家を激励(2016年8月1〜2日)
中央家畜市場定例8月市開催(2016年8月4日)
JA共済アンパンマンマンこどもくらぶ夏まつり開催(2016年8月3日)
信州食育発信3つの星レストランに道の駅大桑の「グルメリアきらく」が登録(2016年7月28日)
木祖村花・花木栽培勉強会(2016年7月26日)
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得