HOME > 新着情報 > 新米の乾燥・脱穀作業が始まっています(9月12日)

新着情報

2012年09月21日

新米の乾燥・脱穀作業が始まっています(9月12日) [ニュース]

9月12日、木曽町日義のライスセンターでは、刈り取った稲の乾燥・もみすり・精米の作業が始まりました。郡内では収穫される穂がやや少ない圃場も見られますが、作柄は平年並みが見込まれるようです(参考:関東農政局ホームページ)。
10月から順次、品質の検査と出荷が始まり、秋には新米の地元産あきたこまち『ともえちゃん』としてAコープなどで販売されます。また、地産地消活動の一環として、地元の学校や道の駅等でも使用される予定です。
写真1 写真2

新着情報

最近のエントリー
御嶽はくさい圃場巡回で農家を激励(2016年8月1〜2日)
中央家畜市場定例8月市開催(2016年8月4日)
JA共済アンパンマンマンこどもくらぶ夏まつり開催(2016年8月3日)
信州食育発信3つの星レストランに道の駅大桑の「グルメリアきらく」が登録(2016年7月28日)
木祖村花・花木栽培勉強会(2016年7月26日)
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得