HOME > 新着情報 > 県中央家畜市場が開かれました(2013年2月7日)

新着情報

2013年02月13日

県中央家畜市場が開かれました(2013年2月7日) [ニュース]

2月7日(木)県中央家畜市場(全農長野)にて、定例2月市場が開催されました。木曽管内の出荷頭数は114頭(平均433,588円)で、その内雌子牛は65頭(平均410,415円)、去勢子牛は49頭(平均464,327円)でした。
(下に記事が続いていない場合は、「詳しく見る」ボタン、またはブログの題名をクリックすると、表示されます。)
写真1 写真2

全体では、和牛子牛376頭(平均424,237円)を競り、平均価格は前回を22,379円下回りました。前回と比較して、雌牛が37,881円の値下げ、去勢が7,187円の値下げとなりました。年明け以後の高級枝肉相場の低迷、急激な円安による飼料高など、行き先不安を反映した取引結果となりました。また大口購入者の不参加もあり、雌価格を中心に値下りとなりました。
共進会の結果は、次のとおりです。


=2月家畜市場子牛共進会結果=
*去勢最優秀賞:
近藤光正さん(阿智村)
 ・去勢優秀賞:林司農夫さん(南木曽町)
 ・去勢優秀賞:上原幸保さん(青木村)
*雌最優秀賞:下畑一広さん(木曽町)
 ・雌優秀賞:柳沢明義さん(木祖村)
 ・雌優秀賞:小林誠一さん(上田市)

新着情報

最近のエントリー
御嶽はくさい圃場巡回で農家を激励(2016年8月1〜2日)
中央家畜市場定例8月市開催(2016年8月4日)
JA共済アンパンマンマンこどもくらぶ夏まつり開催(2016年8月3日)
信州食育発信3つの星レストランに道の駅大桑の「グルメリアきらく」が登録(2016年7月28日)
木祖村花・花木栽培勉強会(2016年7月26日)
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得