HOME > 新着情報 > 消費者に喜ばれる野菜作りをめざして(2013年9月9日)

新着情報

2013年09月11日

消費者に喜ばれる野菜作りをめざして(2013年9月9日) [ニュース]

御嶽はくさいをはじめとした野菜の出荷が最盛期のこの時期、野菜生産者と青果市場関係者が集まり野菜販売中間検討会議を行いました。
ss-IMGP2087.jpg ss-IMGP2093.jpg

全農長野、JA木曽、市場関係者からそれぞれ野菜の販売状況の説明が行われ、秋から需要が高まってくる白菜の生産・出荷に力を入れていただくよう生産者に伝えました。今年度の白菜は適正出荷が行われ、高価格を維持しており、昨年度の価格低迷を踏まえた代替え品目への切り替え策や大玉傾向を避けるための早期収穫など組織的取組みが結果にあらわれました。また、出荷白菜のなかに「おし痛み」しているものが少し見受けられるとの市場からの意見があり、それに対し生産者とJA担当者がどうすれば改善できるのかを意見を出し合い今後の改善すべき点を即時対応していくこととしました。市場からも生産者の皆さんの努力が伝わって来る品質の高い白菜が販売できてうれしいとの声もあり、少しでも品質の良い商品を生産者全員で出荷していこうという意気込みが感じられる会議となりました。

新着情報

最近のエントリー
御嶽はくさい圃場巡回で農家を激励(2016年8月1〜2日)
中央家畜市場定例8月市開催(2016年8月4日)
JA共済アンパンマンマンこどもくらぶ夏まつり開催(2016年8月3日)
信州食育発信3つの星レストランに道の駅大桑の「グルメリアきらく」が登録(2016年7月28日)
木祖村花・花木栽培勉強会(2016年7月26日)
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得