HOME > 新着情報 > 和牛繁殖センターの子牛を農家へ(2013年9月12日)

新着情報

2013年09月19日

和牛繁殖センターの子牛を農家へ(2013年9月12日) [ニュース]

9月12日(木)、JA木曽和牛繁殖センターでは今年5月始動後初となる子牛の供給を行いました。5月下旬に同施設内で生まれた子牛を約3カ月半飼育、体重も約120堋になり、今回3頭の子牛が農家へ引き渡されました。
ss-IMGP2198.jpg ss-IMGP2211.jpg

子牛を受け入れた農家の方は、「産ませる苦労が無く、乳離れしてから育てられるので飼育が楽になり高齢者が牛を飼う負担が減ってありがたい。こういう施設ができたことは非常に良いと思う。高齢者の生きがいにも繋がる。」と話し施設ができたことでさらに子牛飼育への意欲が高まっているよう感じられました。施設内には現在26頭の親牛と3頭の子牛が飼育されており、今後も安定した繁殖飼育を行っていく計画です。

新着情報

最近のエントリー
御嶽はくさい圃場巡回で農家を激励(2016年8月1〜2日)
中央家畜市場定例8月市開催(2016年8月4日)
JA共済アンパンマンマンこどもくらぶ夏まつり開催(2016年8月3日)
信州食育発信3つの星レストランに道の駅大桑の「グルメリアきらく」が登録(2016年7月28日)
木祖村花・花木栽培勉強会(2016年7月26日)
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得