HOME > 新着情報 > 地元特産品「王滝かぶ」の播種に挑戦(2013年9月17日)

新着情報

2013年09月19日

地元特産品「王滝かぶ」の播種に挑戦(2013年9月17日) [ニュース]

9月17日(火)、王滝村の村立王滝中学校の1年生6名が、JA木曽女性部員に指導を受けながら王滝村の特産品「王滝かぶ」の播種作業を行いました。
ss-IMGP2284.jpg ss-IMGP2319.jpg

女性部員からは「野菜はたくさん植えればたくさん収穫できるとは限らない。農業はとても頭を使う作業で、天候や野菜ごとに違う生産方法など、考えることが一杯。大変だけどおもしろい。皆さんが育った王滝村の特産品をみんなの力で育てて欲しい。」と野菜作りについての説明を受けました。その後、専用の播種機の使い方を教わりながら作業を行い、みんなで協力しながら重い播種機を押して種を植え、1時間ほどで作業を終えました。生徒たちは「初めは大変だったが、楽しかった。」と今回の作業の感想を話してくれました。この農業体験は毎年1年生が行っており、今後収穫作業を行った後、かぶはJA木曽のかぶ工場で酢漬けに、菜っ葉の部分は木曽地方の伝統漬物「すんき漬け」にします。すんき漬けは漬け方を女性部員に教わりながら中学校内で管理し給食で堪能する予定です。

新着情報

最近のエントリー
御嶽はくさい圃場巡回で農家を激励(2016年8月1〜2日)
中央家畜市場定例8月市開催(2016年8月4日)
JA共済アンパンマンマンこどもくらぶ夏まつり開催(2016年8月3日)
信州食育発信3つの星レストランに道の駅大桑の「グルメリアきらく」が登録(2016年7月28日)
木祖村花・花木栽培勉強会(2016年7月26日)
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得