HOME > 新着情報 > 中学生伝統のすんき漬に挑戦(2013年11月28日)

新着情報

2013年11月29日

中学生伝統のすんき漬に挑戦(2013年11月28日) [ニュース]

王滝村王滝中学校1年生6名がJA木曽女性部員に教わりながら、すんき漬に挑戦しました。すんき漬けとは木曽地域に伝わる伝統的な発酵食品で、かぶ菜を乳酸菌で発酵させる独特の漬け方、塩を一切使わないことから健康食品としても有名です。
ss-IMGP4640.jpg ss-ss-IMGP4859.jpg

原料のかぶを9月から種まき、収穫と自分たちで行ってきました。11月28日(木)、約20キロのかぶ菜をゆでてから、前年のすんき漬を種として混ぜ合わせ漬け込んでいきました。栗空実穂さんは「家で漬けているのを見たことはあるが、実際に漬けるのは初めてで楽しい。」と笑顔で話してくれました。漬けたすんきは学校へ持ち帰り自分たちで管理、1週間ほどで給食で全校生徒に食べてもらうとのこと。このまま漬物として食べたり、すんきチャーハンなどいろいろな調理方法で食べる予定。

新着情報

最近のエントリー
御嶽はくさい圃場巡回で農家を激励(2016年8月1〜2日)
中央家畜市場定例8月市開催(2016年8月4日)
JA共済アンパンマンマンこどもくらぶ夏まつり開催(2016年8月3日)
信州食育発信3つの星レストランに道の駅大桑の「グルメリアきらく」が登録(2016年7月28日)
木祖村花・花木栽培勉強会(2016年7月26日)
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得