HOME > 新着情報 > 木曽産のいんげんをもっと市場へ(2014年3月19日)

新着情報

2014年03月20日

木曽産のいんげんをもっと市場へ(2014年3月19日) [ニュース]

3月19日(水)、いんげん講習会がJA虹のホールきそ(木曽町福島)で行われ、いんげん生産者60人が参加しました。 
ss-IMGP7258.jpg ss-IMGP7287.jpg

JA木曽営農技術員が講師となり畑の準備や病害虫の防除方法、農産物の安全性を確保するための作業工程の管理方法などを指導。さらに平成25年度生産販売経過として天候不順の影響もあり野菜全体が高値傾向、いんげんも高値での販売が続いたこと、出荷者も24年度より5件増え104件となり、3年ぶりに100件を超えたことなどが報告されました。また、出荷数量上位の、藤原正秋さん(木祖村)辺見嗣子さん(木祖村)中村義夫さん(開田高原)が表彰されました。講演会では、大阪南部合同青果の谷氏が「木曽産のいんげんは箱を開けた時の緑の濃さ詰め方がとてもよい。高い値段がつくのが分かる。」などと市場での評価を説明し、より多くの市場出荷を要望しました。

新着情報

最近のエントリー
御嶽はくさい圃場巡回で農家を激励(2016年8月1〜2日)
中央家畜市場定例8月市開催(2016年8月4日)
JA共済アンパンマンマンこどもくらぶ夏まつり開催(2016年8月3日)
信州食育発信3つの星レストランに道の駅大桑の「グルメリアきらく」が登録(2016年7月28日)
木祖村花・花木栽培勉強会(2016年7月26日)
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得