HOME > 新着情報 > 御嶽はくさい出荷はじまる(2014年6月下旬)

新着情報

2014年06月27日

御嶽はくさい出荷はじまる(2014年6月下旬) [ニュース]

木曽郡木祖村大原の白菜圃場で6月下旬、収穫が始まりました。JA木曽管内で収穫される白菜は「御嶽はくさい」のブランドで関西や中京方面に高級漬物用として出荷しています。
ss-P6204700%CC%DA%C1%C4%C2%BC%C7%F2%BA%DA%BC%FD%B3%CF.jpg ss-P6204723%CC%DA%C1%C4%C2%BC%C7%F2%BA%DA%BC%FD%B3%CF.jpg

品種は黄芯系の「信州大福」で、みずみずしく食感が良いのが特徴。JAの奥原辰男営農技術員は「凍霜害の影響もなく、作柄も良く上出来だ」と話します。漬物製造会社などが高品質の白菜を求めるため、高値で取引されています。木祖村と木曽町開田高原の夏場も比較的涼しい気候の圃場で栽培しており、10月下旬まで収穫できます。
木祖支所野菜生産部会の寺平栄部会長(57)によると、約10如10町歩)の農地は20年ほど前から7軒の農家が土地を借りて白菜栽培をしているという。収穫した白菜は段ボール箱に詰め、近くの保冷庫へ運び、出荷します。
※JA木曽では市場出荷用の取り扱いのみで、個別販売は行っておりません。

新着情報

最近のエントリー
御嶽はくさい圃場巡回で農家を激励(2016年8月1〜2日)
中央家畜市場定例8月市開催(2016年8月4日)
JA共済アンパンマンマンこどもくらぶ夏まつり開催(2016年8月3日)
信州食育発信3つの星レストランに道の駅大桑の「グルメリアきらく」が登録(2016年7月28日)
木祖村花・花木栽培勉強会(2016年7月26日)
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得