HOME > 新着情報 > 木曽の食と農業の未来を話し合う(2014年8月19日)

新着情報

2014年08月21日

木曽の食と農業の未来を話し合う(2014年8月19日) [ニュース]

長野県木曽地方事務所の木曽合同庁舎で8月19日、県食と農業農村振興審議会木曽地区部会が開かれました。県の「第2期長野県食と農業農村振興計画」の見直しの方向性を検討するため、木曽地域の農業や商業関係者などからなる地区部会と県の農政課などの職員が話し合いました。
ss-P8195717%BF%B3%B5%C4%B2%F1%CC%DA%C1%BE%C3%CF%B6%E8%C9%F4%B2%F1.jpg

JA木曽の盒隅組合長が部会長を務め、木曽郡内の農業委員や畜産農家など農業関係者、酒造会社や農業体験のNPO法人など幅広い分野から委員を招集し、振興計画の内容を検討。
 木曽地域の重点戦略として、新規就農者を増やす、「御嶽はくさい」や「木曽子牛」などの農業ブランドの生産推進、トルコギキョウやトマトなどの新ブランドの確立などが挙げられました。委員から個人経営だけでは高齢化による廃業が進むので、法人化して団体での経営を進める案なども出されました。

新着情報

最近のエントリー
御嶽はくさい圃場巡回で農家を激励(2016年8月1〜2日)
中央家畜市場定例8月市開催(2016年8月4日)
JA共済アンパンマンマンこどもくらぶ夏まつり開催(2016年8月3日)
信州食育発信3つの星レストランに道の駅大桑の「グルメリアきらく」が登録(2016年7月28日)
木祖村花・花木栽培勉強会(2016年7月26日)
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得