HOME > 新着情報 > 野菜販売中間検討会開催(2014年8月29日)

新着情報

2014年09月07日

野菜販売中間検討会開催(2014年8月29日) [ニュース]

JA木曽野菜生産部会は8月29日(金)木祖村の小木曽予冷庫と木曽町開田高原の開田予冷庫で野菜販売中間検討会議を開催しました。
ss-P8295782yasaihanbaikaigiA.jpg

JA職員、生産農家と東京、関西方面の市場関係者など2か所で合計約50人が出席し、6月から収穫が始まった白菜などの生産、販売状況について話し合いました。
市場関係者は「7月、8月は長雨や日照不足など天候不順が続き、全体的に野菜の品薄傾向がみられる」と話し、「木曽の『御嶽はくさい」はブランドとして高品質が求められる。品質管理に努力してほしい」との意見がありました。木祖村の生産者からは収穫方法の検討や「出荷後の商品段階の状況も確認してみたい」などの意見も出されました。
8月下旬の出荷状況は昨年と比較してやや減少していますが、9月以降天候が安定すれば生産が回復するとみられ、後半期の出荷販売に全力を挙げていきます。

新着情報

最近のエントリー
御嶽はくさい圃場巡回で農家を激励(2016年8月1〜2日)
中央家畜市場定例8月市開催(2016年8月4日)
JA共済アンパンマンマンこどもくらぶ夏まつり開催(2016年8月3日)
信州食育発信3つの星レストランに道の駅大桑の「グルメリアきらく」が登録(2016年7月28日)
木祖村花・花木栽培勉強会(2016年7月26日)
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得