HOME > 新着情報 > 「御嶽はくさい」噴火後の降灰対応を評価(2014年11月10日)

新着情報

2014年11月11日

「御嶽はくさい」噴火後の降灰対応を評価(2014年11月10日) [ニュース]

JA木曽野菜生産部会は11月10日(月)木曽町開田高原の研修センターで本年度野菜生産販売反省検討会を開催しました。生産者、市場、輸送関係者、木曽町、木祖村、県行政関係者などを招き約80人が出席。販売経過、課題などについて話し合いました。
ss-PB106987kumiaityouaisatu.jpg ss-PB107044konsinkai.jpg

全農長野生産販売課から県下の野菜主要品目の生産、販売状況の報告と次年度の課題の提示があり、ハクサイは天候不順や御嶽山噴火などの気象状況などで影響を受けたが、適正生産による効果もあり、出荷調整の発動もなく出荷を終えることができたとしました。
市場関係者からは「御嶽はくさい」のブランドを維持する品質管理の要望とともに、9月の御嶽山噴火による降灰の影響を、JA木曽や協力者らで洗浄する手間をかけて最小限に抑えた努力への評価もありました。寺平栄部会長は「今年は自然の影響を大きく受け問題も多かった。12月の技術検討会で来年に向け対応を煮詰めたい」と話していました。検討会の後は懇親会が開かれ、市場、行政関係者を交えて生産者らの努力を労いました。

新着情報

最近のエントリー
御嶽はくさい圃場巡回で農家を激励(2016年8月1〜2日)
中央家畜市場定例8月市開催(2016年8月4日)
JA共済アンパンマンマンこどもくらぶ夏まつり開催(2016年8月3日)
信州食育発信3つの星レストランに道の駅大桑の「グルメリアきらく」が登録(2016年7月28日)
木祖村花・花木栽培勉強会(2016年7月26日)
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得