HOME > 新着情報 > 木曽郡内各地で水稲現地指導会開催(2015年6月22日から7月上旬)

新着情報

2015年06月25日

木曽郡内各地で水稲現地指導会開催(2015年6月22日から7月上旬) [ニュース]

JA木曽と木曽農業改良普及センターは、6月22日から7月上旬まで木曽管内96会場で稲作現地指導会を実施しています。
ss-IMGP7857.jpg ss-IMGP7859.jpg

その地区に合った適正な水稲管理の徹底を周知し、安心・安全な米作りを目的に取り組んでいます。
23日に行われた大桑村和村地区では、農家13人が集まり、木曽農業改良普及センターの清澤康仁主査から、夏に向けての水管理や農薬、肥料の使用、そして収穫時期の注意について説明を受けました。
指導していただいた清澤主査によると、和村地区の出穂40〜30前の水田の状態について、茎数は20〜25本くらい確保でき、株も扇状に開帳し、畝間も遠くまで見通していていい状態だと話していました。

新着情報

最近のエントリー
御嶽はくさい圃場巡回で農家を激励(2016年8月1〜2日)
中央家畜市場定例8月市開催(2016年8月4日)
JA共済アンパンマンマンこどもくらぶ夏まつり開催(2016年8月3日)
信州食育発信3つの星レストランに道の駅大桑の「グルメリアきらく」が登録(2016年7月28日)
木祖村花・花木栽培勉強会(2016年7月26日)
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得