HOME > 新着情報 > 中学生の車いす体験と高齢者疑似体験(2015年7月7日)

新着情報

2015年07月30日

中学生の車いす体験と高齢者疑似体験(2015年7月7日) [ニュース]

7月7日(火)、JA木曽介護センターは、木曽町立福島中学校で福祉施設体験事前学習を支援するため、生徒に車いす体験の指導をしました。
%B2%F0%B8%EE%A5%BB%A5%F3%A5%BF%A1%BC.jpg %B2%F0%B8%EE%A5%BB%A5%F3%A5%BF%A1%BC2.jpg

体験したのは、同中学3年生2クラス55人で、併せて木曽町社会福祉協議会が指導する高齢者疑似体験も行い、高齢者の身体と心について理解を深めました。
車いす体験を行った生徒たちに感想を聞くと、「段差や坂道の介助が大変で車いすが思い通りに動かなくて手間取った」と話す生徒が多くいました。
生徒たちは今回学んだことを生かし、福祉施設で職業体験を行う予定になっています。

新着情報

最近のエントリー
御嶽はくさい圃場巡回で農家を激励(2016年8月1〜2日)
中央家畜市場定例8月市開催(2016年8月4日)
JA共済アンパンマンマンこどもくらぶ夏まつり開催(2016年8月3日)
信州食育発信3つの星レストランに道の駅大桑の「グルメリアきらく」が登録(2016年7月28日)
木祖村花・花木栽培勉強会(2016年7月26日)
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得