HOME > 新着情報 > 直売所所出荷を目指して花の栽培講習会(2016年3月24日)

新着情報

2016年04月14日

直売所所出荷を目指して花の栽培講習会(2016年3月24日) [ニュース]

3月24日(木)、JA木曽大桑支所で、大桑村民を対象に直売所出荷を目指した花の栽培について学ぶ農業講座を開きました。
ss-ookuwa1.jpg ss-ookuwa2.jpg

農家や住民ら22人が参加し、露地で栽培でき、初心者でも取組みやすい品目に絞った花栽培への理解を深めました。同講座は村と県木曽農業改良普及センターの協力を得て開催し、JAの田中芳男営農技術員と普及センターの青柳沙緒莉さんが講師を務めました。講座で紹介された品目はお盆や彼岸での直売所出荷を目指す花として有効なアスター、千日紅、帝王貝細工、小菊の4種類について栽培方法を学びました。田中技術員は「講座の最終目的は直売所や市場へ出荷してお金にすることを念頭にしているが、最初は趣味程度に作りやすい花から取組んでいただきたい」と話しました。

新着情報

最近のエントリー
御嶽はくさい圃場巡回で農家を激励(2016年8月1〜2日)
中央家畜市場定例8月市開催(2016年8月4日)
JA共済アンパンマンマンこどもくらぶ夏まつり開催(2016年8月3日)
信州食育発信3つの星レストランに道の駅大桑の「グルメリアきらく」が登録(2016年7月28日)
木祖村花・花木栽培勉強会(2016年7月26日)
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得