HOME > 新着情報 > 中学生がカブ漬けをすんき漬けを体験(2016年11月7、8日)

新着情報

2016年11月18日

中学生がカブ漬けをすんき漬けを体験(2016年11月7、8日) [ニュース]

王滝中学校1年生6人が11月7日、8日の二日間、女性部王滝支部の部員らの協力の下、食農教育体験学習として王滝村特産品の「王滝かぶ」の収穫からカブの漬け込みとすんきの漬け込みを体験しました。
ss-DSC_6463.jpg ss-DSC_6464.jpg

1日目は、JA木曽王滝支所近くの畑で9月8日に生徒が種蒔きした王滝カブの収穫を行い、蕪の太さが5〜10儖未諒を地上部(茎葉)と切り分けJAの漬物加工場に運んで洗浄しました。洗浄後はカブに塩をまぶして漬け込みました。2日目は、乳酸発酵を利用した無塩の漬物「すんき漬け」に挑戦しました。畑から収穫したカブ菜を洗浄した後、熱湯に通した菜を漬物用のポリ樽に入れ、すんきの種を混ぜて漬け込みました。
すんき漬けを体験した大倉聖矢君(13)は「カブ菜の洗浄は冷たくて大変だったが、すんきを漬ける作業は温かくて楽しかった。ぜひ自分の家でも漬けてみたくなった」と話していました。

新着情報

最近のエントリー
平成28年度の「赤かぶ漬け」の販売終了について
三岳地区でお茶のみサロン(2016年12月15日)
平成28年度の「すんき」の販売終了について
アンパンマンこどもくらぶクリスマス会(2016年12月5日)
中学生がカブ漬けをすんき漬けを体験(2016年11月7、8日)
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得