HOME > 新着情報 > 県中央家畜市場定例2月市開催(2017年2月9日)

新着情報

2017年02月10日

県中央家畜市場定例2月市開催(2017年2月9日) [ニュース]

2月9日(木)、JA全農長野は、木曽町の長野県中央家畜市場で平成28年度最後の市場を開催し、上場数は同市場が28年度中に開催した市場の中で最も多く、363頭が取引されました。
ss-usi1.jpg ss-usi2.jpg

子牛全体の平均価格は前回12月市場より10,374円やや安い765,353円(税抜き)となりました。
発育不良牛や体形のバラツキで価格差が広がり、全体を押し下げた形となったが、100万円を超える取引も10頭あり、依然高値水準が続く取引となりました。
去勢子牛は190頭で平均価格824,305円(同)で前回市より12,881円高く、雌子牛は173頭で平均価格700,607円(同)で前回市より23,421円安くなりました。

新着情報

最近のエントリー
木曽地域農業入門講座開講式(2017年4月27日)
御嶽はくさい苗の作付け始まる(2017年4月20日)
県中央家畜市場定例2月市開催(2017年2月9日)
和牛繁殖技術研修会開催(2017年2月2日)
組合員組織全体集会開催(2017年1月25日)
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得