HOME > 新着情報 > 小学生、御嶽はくさいの種まき体験(2017年5月9日)

新着情報

2017年06月09日

小学生、御嶽はくさいの種まき体験(2017年5月9日) [ニュース]

5月9日(火)、木曽郡木祖村の木祖小学校3年生(児童数21人、担任:林弥生教諭)が、地元のハクサイ農家でJA木曽野菜部会長の寺平栄さんのハクサイ畑で木曽の主力野菜である「御嶽はくさい」の種まきを体験しました。社会科の学習で、地元で働いている人の仕事の様子やその工夫などについて学ぶ体験授業の一環で行われました。
hakusai.jpg

寺平さんは「少しでも農業に興味を持ってもらい、農家の仕事に関心をもつきっかけとなってもらえればいい」と将来の農業後継者に期待を寄せました。
今回播いたハクサイは約60日で収穫可能となり、同3年生は寺平さんの好意により収穫体験を7月7日頃で行う予定。収穫したハクサイは学校給食で食べてもらうことにしています。

新着情報

最近のエントリー
中学生の車いす体験と高齢者疑似体験(2017年7月10日)
野菜販売対策会議及び規格査定会開催(2017年7月7日)
高校生がJAのしくみや農産物の流通を学ぶ(2017年7月5日)
平成30年度新規採用職員2次募集についての情報を掲載しました
JA木曽虹のホール 人形供養祭(2017年6月25日)
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得