HOME > 新着情報 > 中学生の車いす体験と高齢者疑似体験(2017年7月10日)

新着情報

2017年07月10日

中学生の車いす体験と高齢者疑似体験(2017年7月10日) [ニュース]

7月10日(月)、JA木曽介護センターは木曽町立福島中学校で福祉施設体験事前学習を支援するため、生徒に車いす体験の指導をしました。体験したのは同中学3年生2クラス69人。
併せて木曽町社会福祉協議会が指導する高齢者疑似体験も行い、高齢者の身体と心について理解を深めました。
kurumaisu.jpg kurumaisu2.jpg

生徒たちは、2人一組になって乗る人と介助する人の役割を交互に行いながら、校舎内に設けた狭い通路、坂道、段差のある通路などでの介助を体験。
車いす体験を行った生徒は「段差の介助が大変で車いすが思い通りに動かなくて手間取ったが、今度の福祉施設で活かしたい」と話しました。

新着情報

最近のエントリー
中央家畜市場定例8月市開催(2017年8月3日)
JA共済アンパンマンこどもくらぶ夏祭り(2017年8月2日)
中学生の車いす体験と高齢者疑似体験(2017年7月10日)
野菜販売対策会議及び規格査定会開催(2017年7月7日)
高校生がJAのしくみや農産物の流通を学ぶ(2017年7月5日)
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得