HOME > 新着情報 > 保育園児がJAで野菜の苗とタネの買物体験(2018年5月10日)

新着情報

2018年05月10日

保育園児がJAで野菜の苗とタネの買物体験(2018年5月10日) [ニュース]

5月10日(木)、開田保育園の年長園児7人が、今年の野菜や花を育てようと苗やタネを買いにJA開田支所を訪れました。
応対した同支所の古畑貴史支所長に、園児らは作ってみたい野菜や花の苗やタネがあるかどうかを大きな声で質問しました。
s-DSC_0353.jpg s-DSC_0364.jpg

古畑支所長は希望する苗やタネの説明をしながら、園児の質問に答えました。
最後に店のレジで首にさげていた手作りの財布からお金を出して支払いを済ませると、園児が「タネをまいて野菜ができたら、また店に来ようよ」と話し、同支所では園児らが作る野菜の収穫に期待を寄せています。

新着情報

最近のエントリー
A・コープきそ店で小学生が一日店長体験(2018年5月12日、13日)
保育園児がJAで野菜の苗とタネの買物体験(2018年5月10日)
平成29年度の「すんき漬け」「赤かぶ漬け」の販売終了について
平成29年度の「赤かぶ漬け」の販売終了について
平成29年度の「赤かぶ漬け」(3kg・5kgのみ)販売終了について
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得