県中央家畜市場定例2月市開催

2月6日(木)、木曽町の長野県中央家畜市場で2019年度最後の市場を開きました。
上場数は354頭が上場し、353頭が成立しました。
子牛全体の平均価格は前回12月市場より1,484円上げて744,067円(税込み)となりました。

寒さによる体重の減少などで個体差が大きく、また枝肉相場の軟調による販売価格の低迷が心配されましたが、去勢子牛の価格が前回価格を上回り全体も小幅ではありますが、増加しました。

去勢子牛は196頭で平均価格は前回より13,442円高い807,490円(同)。雌子牛は157頭で平均価格は前回より8,604円安い664,890円(同)となりました。