HOME > 営農情報 > 営農メモ > 令和3年度 市場出荷用小菊生産者の募集について

営農情報

営農メモ

■2019年12月30日 令和3年度 市場出荷用小菊生産者の募集について []

https://www.ja-kiso.iijan.or.jp/info/memo/upload/2019/12/18/saibai-thumb.png

栽培カレンダー
(クリックで拡大表示)

2019年12月

JA木曽では昨年度より市場出荷向け小菊の生産に取り組んでおります。
本年はお盆に約3,000本の出荷を行い、9月に令和2年度出荷用の定植が終了致しました。
つきましては、少々先の話ではありますが、来年令和2年秋定植、同3年お盆出荷用小菊の新規生産者を募集いたします。
まずは1アールから始めてみませんか。


■「小菊」栽培の特徴
この小菊は「量販小菊」と言われ、その特徴は以下のことがあげられます。
・生産コストが安い
・露地栽培が可能
・省力栽培が可能で女性でも取組みやすい
・他品目にくらべ栽培管理が比較的容易
・1アールからでも栽培でき面積拡大も可能
・他品目にくらべ栽培管理が比較的容易
・お盆用に出荷し、市場での需要が非常に高い
・市場出荷にて1アール当り約6〜7万円の収入見込み
・定年退職後などの収入源に最適   


■栽培について
前年の秋の定植から8月のお盆までの各作業について講習会を行いますので初心者の方でも安心して栽培することができます。

JA木曽では新規生産者を募るにあたり来年より各地区での勉強会や圃場見学を計画しておりますので、ご興味がある方は是非ご参加下さい。


■栽培カレンダー
栽培方法等については、左記の図をご覧ください。


■お問い合わせ先
各地区営農担当者または本所農業生活部農事園芸課

<前の記事へ | 次の記事へ>