HOME > 新着情報 > 県中央家畜市場開催子牛セリ値43万6千円、6月市場価格に戻す(10月13日)

新着情報

2010年11月08日

県中央家畜市場開催子牛セリ値43万6千円、6月市場価格に戻す(10月13日) [ニュース]

〜新市場建設起工式に関係者が出席して工事の安全を願う〜
10月13(水)県中央家畜市場(木曽町福島)で定例10月市場が開かれた。
全体で子牛378頭が取引され、総平均価格43万6千円、8月市場を2万円上回った。
(「詳しく見る」ボタン、またはブログの題名をクリックすると、記事の続きと写真、共進会の結果が表示されます。)

 
(写真)新「長野県中央家畜市場」建設起工式 (写真)建設起工式、鍬入れ
(写真)子牛共進会最優秀賞受賞者 (写真)子牛共進会最優秀賞受賞者
 
管内の取引状況は140頭で雌平均価格(69頭)40万6千円、去勢平均価格(71頭)46万5千円、管内平均価格も43万6千円で6月市場価格に戻した。(いずれも税込み価格で表示)
購買者数が多かったことで、平均価格も上がった。
 
同日市場終了後、新家畜市場建設起工式を現市場広場(新市場建設地)で行い、JA全農長野ほか関係者が出席参列し工事の安全を祈願した。建設工事は北信土建株式会社が10月16日から行い、2月末の完成を目指す。
競り取引前に行われた今回の子牛共進会は、最優秀賞に県知事賞が贈られ、表彰式を行った。審査結果は次のとおりです。

=10月家畜市場子牛共進会=
雌子牛最優秀賞(県知事賞):
横井勝美さん(上松)
 優秀賞:田中昭人さん(開田)/奥牧宏明さん(三岳)
去勢子牛最優秀賞(県知事賞):原朝治さん(上松)
 優秀賞:永瀬満さん(木祖)

新着情報

最近のエントリー
保育園児が作った野菜をJAにプレゼント(2018年8月24日)
中央家畜市場定例8月市開催(2018年8月9日)
初優勝御嶽海関の母親・マルガリータさん 一日店長務める(2018年8月6日)
第45回通常総代会開催(2018年5月24日)
A・コープきそ店で小学生が一日店長体験(2018年5月12日、13日)
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得