HOME > 新着情報 > 林野庁長官賞受賞、木曽の「しいたけ」(2013年7月2日)

新着情報

2013年07月02日

林野庁長官賞受賞、木曽の「しいたけ」(2013年7月2日) [ニュース]

第46回全農乾椎茸品評会が岡山県で開催され、木曽町開田高原の池上達雄さんが花どんこの部で林野庁長官賞を受賞しました。
ss-IMGP031124.jpg ss-IMGP0331.jpg

全国各地から379もの乾椎茸が出品され品質を競った品評会は、全国農業協同組合連合会が主催しており、乾椎茸のおいしさと魅力をアピールし消費拡大を図るとともに、栽培技術を競うことで、後継者・担い手育成へつなげていくことを目的としています。池上さんはしいたけの栽培を始めて30年以上、9000本の原木でしいたけを栽培し、収穫量は生しいたけ4トン、乾椎茸500キログラム(生換算5トン)にもなります。「4月、5月の干ばつにより水分不足となり、スプリンクラーで潅水するなどして対策したが生育・品質に影響した。2年前の福島原発事故の風評被害も影響もあり苦労することも多かった」と24年度の栽培を振り返りました。授賞式は7月2日(火)にJA木曽本所にて行われ、木曽森林管理署高嶋伸二所長より、賞状とトロフィーを授与されました。

新着情報

最近のエントリー
保育園児が作った野菜をJAにプレゼント(2018年8月24日)
中央家畜市場定例8月市開催(2018年8月9日)
初優勝御嶽海関の母親・マルガリータさん 一日店長務める(2018年8月6日)
第45回通常総代会開催(2018年5月24日)
A・コープきそ店で小学生が一日店長体験(2018年5月12日、13日)
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得