HOME > 新着情報 > 野菜販売中間検討会議(2016年9月2日)

新着情報

2016年09月23日

野菜販売中間検討会議(2016年9月2日) [ニュース]

9月2日(金)、御嶽はくさいの出荷後半に向けて、野菜販売中間検討会議を開きました。主産地の木祖村と木曽町開田高原にあるJA予冷庫施設の2か所に分けて開催し、野菜生産者や青果市場、JA関係者ら両地区合わせて約50名が出席しました。
JA担当者や市場よりそれぞれ野菜販売状況や生産状況、出荷状況などの説明を行いました。
ss-yasai1.jpg ss-yasai2.jpg

ハクサイの生産について、今年は気温が平年より高めで推移し、適度な降雨により生育も順調。出荷については、年間40万ケースの目標に対し、8月末で約20万ケース(1ケース15キロ)の出荷で前年比113%となっています。販売状況は夏季の豊作基調により価格が低迷していましたが、徐々に需要が増え、8月後半から例年の単価に回復しています。
田屋万芳専務は「健康に留意して、市場関係者に少しでも良い値段で販売ができるよう頑張っていただきたい」と激励しました。

新着情報

最近のエントリー
保育園児が作った野菜をJAにプレゼント(2018年8月24日)
中央家畜市場定例8月市開催(2018年8月9日)
初優勝御嶽海関の母親・マルガリータさん 一日店長務める(2018年8月6日)
第45回通常総代会開催(2018年5月24日)
A・コープきそ店で小学生が一日店長体験(2018年5月12日、13日)
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得