HOME > 新着情報 > 開田保育園児、JAで買い物体験(2019年5月14日)

新着情報

2019年05月21日

開田保育園児、JAで買い物体験(2019年5月14日) [ニュース]

5月14日(火)、木曽町開田保育園の年長園児8人が、JA木曽開田支所を訪れ、野菜と花を育てるためのタネや苗、培土を求める買い物体験を行いました。
園児たちの好きな野菜を絵にした表を見て、それぞれの品目のタネや苗があるのかを質問しながら、お目当てのトウモロコシ・じゃがいも・かぼちゃ・きゅうり・キャベツ・すいか・トマト・人参・大豆・マリーゴールドなどのタネや・苗を購入しました。
大豆は今年初めて作る野菜であり、収穫した大豆を味噌に加工し、同園の給食の味噌汁に使う予定です。
s-IMG_0654.jpg s-IMG_0663.jpg

園児たちはトウモロコシに興味を示し、どのタネが一番美味しいのかと質問し、古畑貴史支所長は「トウモロコシには、バイカラー・イエロー・ホワイト系の3種類があり、お薦めはバイカラー系だ」と説明すると、園児から「白と黄色がミックスされているから美味しいんだね」と笑顔で答えていました。

新着情報

最近のエントリー
出羽海部屋木曽合宿へ県産農畜産物を贈呈(2019年6月19日)
JA木曽虹のホール 人形供養祭(2019年6月8日)
県中央家畜市場定例6月市開催(2019年6月6日)
犬山中学2年生 農業体験学習(2019年5月29日)
2020年度新採用職員の募集についての情報を掲載しました
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得