HOME > 新着情報 > 県中央家畜市場定例10月市開催(2019年10月3日)

新着情報

2019年10月08日

県中央家畜市場定例10月市開催(2019年10月3日) [ニュース]

10月3日(木)、木曽町の長野県中央家畜市場で定例の子牛市場を開催。
上場頭数は291頭で、285頭の取引が成立し、子牛全体の平均価格は、前回8月市場より11,667円高い695,189円(税抜)の取引となりました。
s-DSC_0969.jpg s-DSC_0970.jpg s-DSC_0968.jpg

6月と8月の市場では連続して平均価格が下がりましたが、本市場で上昇に転じました。
日米貿易協定が合意された牛肉関税がTPP11同様に引き下がることが決まった直後の市場でしたが、大口購入者による去勢牛の引き合いで活発な取引となりました。
去勢子牛は173頭で平均価格は前回より14,649円高い730,960円(同)。
雌子牛は前回より4,103円安い639,938円(同)。

新着情報

最近のエントリー
県中央家畜市場定例10月市開催(2019年10月3日)
福島小3年生開田高原のハクサイ畑見学とニンジン収穫体験(2019年9月20日)
県中央家畜市場定例8月市開催(2019年8月8日)
こども食堂に野菜を寄贈(2019年8月1日)
出羽海部屋木曽合宿へ県産農畜産物を贈呈(2019年6月19日)
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得