HOME > JA木曽について > ご挨拶

ご挨拶

代表理事組合長 田屋 万芳

 JA木曽のホームページへアクセス頂きありがとうございます。
木曽路は、長野県の南西部にあり,2016年に文化庁から日本遺産に認定された「木曽路はすべて山の中」の文字通りの山間地です。約9割が森林で占められておりますが、中山道の木曽宿場町を有し、四季折々に訪れる人々を楽しませてくれる史跡や昔ながらの美しい街並みが多い地域です。
木曽は、漆器・ヒノキ傘・赤カブ漬・お茶・すんき漬・木曽の五木で作る木工品など、山間地ならではの特産品があります。
限られた農作地で生産される農産物は、そば・御嶽はくさい・インゲン・高冷地の寒暖差で糖度たっぷりのトウモロコシが絶品です。花卉では、アルストロメリア・トルコギキョウ・オリエンタルゆり等が盛んですが、最近では、ヒペリカム・コウヤマキ・紅葉ブルーベリー等も好評です。
畜産では、県内有数の子牛生産地として子牛の繁殖に取り組んでいます。
また、木曽川の源流の郷として山林と水田の持つ多目的機能を発揮し中京地区の水瓶を担っております。
最近では、大相撲の人気力士であります御嶽海関の故郷としても、知られる所となり、久々の長野県出身力士としての活躍に地元としても応援に熱が入っているところです。
JA木曽では、おいしくて安全・安心な農畜産物を消費者の皆さんに届けられるよう日々努力しています。是非一度木曽へお越しください。
みなさんと触れ合える機会を楽しみにしております。
農業やJAを取り巻く環境は厳しいものがありますが、私たちは将来にわたり組合員・利用者・地域社会に貢献していくために次期3か年計画を樹立し、「農をつくる」「くらしをつくる」「JAをつくる」の分野に精力的に取り組んでまいります。