HOME > 新着情報

新着情報

2019年12月09日

12月5日(木)、木曽町の長野県中央家畜市場で定例の12月市場を開催。
上場数は347頭が上場し、342頭が成立。子牛全体の平均価格は前回10月市場より22,125円下げて742,583円(税込)。
s-DSC_2728.jpg

詳しく見る
2019年12月06日

木曽郡王滝村の王滝小学校3、4年生児童が19日、同村特産である赤かぶ漬けとすんき漬けの体験を行いました。
子どもたちは9月にカブの種まき、10月に間引き、そして11月に収穫とそれぞれの作業を体験した上で今回の漬け込み作業の体験にのぞみました。
s-DSC_2314.jpg s-DSC_2330.jpg

詳しく見る
2019年12月02日

JA木曽は令和4年度までに、地域の人口減少や農業の担い手不足・高齢化など、JA経営を取り巻く厳しい環境に対応するため、現在10ある支所を3支所に集約再編し、機能や職員を集中させてサービスの向上を図って出向く体制を強化し、「より身近なJA」を目指します。
s-DSC_2521.jpg

⇒詳細内容はこちら

2019年11月05日

南木曽町やJA木曽、木曽農業普及センターなどで構成する南木曽町農業技術者連絡協議会が休耕田への有効作物の実証として昨年より始めた里芋栽培の収穫を、10月31日に同町の南木曽小学校の児童たちが体験しました。
s-DSC_1989.jpg

詳しく見る
2019年10月08日

10月3日(木)、木曽町の長野県中央家畜市場で定例の子牛市場を開催。
上場頭数は291頭で、285頭の取引が成立し、子牛全体の平均価格は、前回8月市場より11,667円高い695,189円(税抜)の取引となりました。
s-DSC_0969.jpg s-DSC_0970.jpg s-DSC_0968.jpg

詳しく見る

新着情報

最近のエントリー
県中央家畜市場12月定例家畜市開催(2019年12月5日)
王滝小学校児童、特産の赤かぶとすんきの漬け込みを体験(2019年11月19日)
JA木曽 臨時総代会 事業拠点再構築計画案可決(2019年11月28日)
休耕田で里芋栽培 〜南木曽小学校児童が里芋収穫体験〜(2019年10月31日)
県中央家畜市場定例10月市開催(2019年10月3日)
カテゴリ別に見る
お知らせ
ニュース
月別に見る
RSS
ブログのRSSフィードを取得